トップへ » 歯周病ってなに? » 治療方法は? » Q. 進行してしまった歯周病の治療方法は?

Q. 進行してしまった歯周病の治療方法は?

Q. 進行してしまった歯周病の治療方法は?
■歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で短時間で行うことができます。

■歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯ぐきに麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

■フラップ法(Fop)
歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。

■歯肉弁根尖側移動術・歯冠延長術
臼歯部で歯周ポケットの除去を行う手術です。歯肉から外に出ている部分の歯の長さが十分で無い時、補綴(歯に被せものをするなど)処置に支障を来たす場合に行う手術です。

■口腔前庭拡張手術
お口の中の「粘膜」の幅が狭く、清掃がし難い、また、入れ歯の安定性などに問題があるときなどに行います。

■遊離歯肉移植術(Free Gingival Graft)
歯周病等により失われた正常な歯肉の形(角化歯肉)を作るために、口の中の別の場所から健康な歯肉をその部分に移植する手術です。周辺の組織とつながり丈夫な歯肉を作ることができます。

■結合組織移植術(Connective Tissue Graft)
遊離歯肉移植術と同じく、歯ぐきの厚みを改善して環境を良くし、抵抗力の高い組織に変えます。またインプラントや補綴物の周囲の組織を整え、歯ぐきの色をきれいに見えるようにするために行います。

■根面被服手術
歯ぐきが下がって(上がって)歯の長さが長くなって見えてしまった所に「結合組織移植術」を行い、歯の長さを揃えて審美的な口元を形成する手術です。
歯頚部知覚過敏の症状を緩和することができます。

■組織誘導再生療法(GTR法)
重度の歯周病によって失われた、歯周組織を再生させる治療のひとつです。
まずは、歯周病によって破壊された根面を清潔にします。そこにメンブレンという特殊な膜をかぶせ、不要な歯肉が入り込まないよう歯槽骨・歯根膜の回復させるスペースを作ります。こうすることでメンブレンの上には歯肉が回復し、その下では歯槽骨がゆっくりと回復してきます。歯周組織の再生には歯周病の程度など個人差があります。

■エムドゲイン法
エムドゲイン法もGTR法と同じく、歯周組織を再生させる治療のひとつです。
異なる点は、GTR法はメンブレンにより不要な組織の進入を防ぎますが、エムドゲイン法は組織の欠損部にエムドゲインゲルを塗布し歯周組織の再生を促します。エムドゲインとは、スウェーデンで開発された歯周再生材料で、子供の歯が生える時に働くタンパク質の一種です。

■骨形成手術
歯の周りの骨の形を整えて、安定的で掃除のしやすい形に整えます。

実際には以上の手術を単独で行うわけではなく、幾つかの手技を組み合わせて行います。ここでは、理解が難しいため、詳しい説明は割愛します。「手術」といっても、入院や全身麻酔が必要なものではなく、1時間ほどでできる負担の少ない手術です。

歯周病治療のゴールとは?◆歯周病治療のゴールとは?
●歯周ポケットは浅い方が良い
●歯ぐきから出血しない
●骨に段差がない
●歯肉に問題がない
●かみ合せが安定している
●歯が揺れない


トップへ » 歯周病ってなに? » 治療方法は? » Q. 進行してしまった歯周病の治療方法は?